②世界のコーヒーの飲み方ドイツ、スペイン、アルゼンチン

3333873によるPixabayからの画像

他の記事でも紹介しましたがブラックコーヒーやアイスコーヒーは元々は日本で飲んでいたコーヒーの飲み方になります。日本のように世界の国々でも色々なコーヒーの飲み方があるのでいくつか紹介したいと思います。今回はサッカーの強い国を選んだような感じになっています。笑

ファリザール(ドイツ)

Jonny LindnerによるPixabayからの画像

ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。かつて「西ドイツ」と呼ばれていた時代は「西欧」に分類されていたが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として分類されるようになっている。

wikipedia

ドイツのコーヒー、ファリザールとはラム酒とホイップクリームを入れたものになります。

作り方

  1. コーヒーカップにラム酒を大さじ1杯入れる
  2. コーヒーをラム酒の上に入れる
  3. その上にホイップクリームをお好み量のせる
  4. ココアパウダーを上からふりかけ完成

カフェ・ボンボン(スペイン)

M WによるPixabayからの画像

南ヨーロッパイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリスジブラルタル、北東にフランスアンドラと国境を接し、飛地セウタメリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海バレアレス諸島や、大西洋カナリア諸島北アフリカセウタメリリャアルボラン海アルボラン島を領有している。首都はマドリード

wikipedia

エスプレッソにコンデンスミルクと砂糖を加えた飲み物です。

作り方

  1. グラスの半分くらいまでエスプレッソコーヒーを入れる(砂糖もこの時点で入れて溶かしておく)
  2. コンデンスミルクをコーヒーと同じ量をゆっくりと入れる
  3. コンデンスミルクが下にたまり2層になったらできあがり

カフェ・ラグリマ(アルゼンチン)

Julien TromeurによるPixabayからの画像

南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビアパラグアイ、北東にブラジルウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス

wikipedia

カフェ・ラグリマとは、アルゼンチンで飲まれているカフェなどでよく見るのみものです。ラグリマはスペイン語で「」という意味があり、たっぷりのスチームミルクに一雫のコーヒーを入れたものになります。

作り方

  1. レンジなどで牛乳200ccを温めスチームミルクを作る
  2. ごくごく少量(スプーン1杯くらいでも可)のコーヒーを上からたらして入れる
  3. お好みで砂糖を入れて出来上がり

今回はサッカーの強い国のコーヒーをピックアップしてみました。コーヒーの画像がつかえなかったのでそれぞれ検索してもらえれば画像はすぐに探せると思います。では楽しいコーヒーライフを!

ラム酒
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
ポチっとお願いします

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました