コーヒーの抽出方法(淹れ方)の種類

コーヒーを淹れるのに一番有名なのはペーパーフィルターを使ったペーパードリップだと思います。ハンドドリップをはじめ色々な抽出方法を紹介したいと思います。

ペーパードリップ

家で淹れるコーヒーの代名詞とも言われるペーパードリップですが、一概にペーパードリップと一括りには出来ません。「メリタ式」「カリタ式」の台形型、「ハリオV60」「コーノ式」の円錐型が有名ですね。同じペーパードリップでも形によって同じ豆でも味が違ってくるようです。ただ台形型が酸味が強くなるとかどっちがどのような味になるという明確なものはないのですが、二つを比べると味の違いは出るようです。

金属フィルターとセラミックフィルター

photo by Roland Tanglao

金属フィルターで有名なものはゴールドフィルターステンレスフィルターがあります。味はペーパーフィルターとネルフィルターの間だと思ってください。ステンレス、ゴールドの違いはそこまでありませんが両方とも錆びないのでこの二つの金属が使われています。コーヒーオイルも吸収されずに楽しめるのでコクが出ます。
利点は半永久的に再利用できます。毎回フィルターを買う必要がありません。ただ好きな味は人それぞれなので好みはあります。欠点はゴミ捨てが少し面倒なのと、フィルターを洗わないといけない点です。セラミックフィルターは一番新しく香りがすごい、コーヒー本来の味が楽しめる、苦味軽減などが言われています。
フィルターについて書いた記事があるので気になった方は→こちら

ネルドリップ

一番古いフィルターになります。ネルフィルターとは布のフィルターになります。昔からよく使われている抽出方法です。ネルフィルターは上級者向けで淹れるのにテクニックと経験が必要になり、手間と時間がかかります。味は美味しい!ザ・コーヒーって言う感じです。

フレンチプレス(コーヒープレス)

フレンチプレス又はコーヒープレスとも呼ばれるものになります。あまり知られていませんがスターバックスでも飲むことができます。紅茶などでよく使われているもにになります。フレンチプレスはハンドドリップと違いコーヒーオイルが出るのでコーヒーの持つ風味がダイレクトに出ます。

コーヒーメーカー

値段は少し高いですが水と豆(粉)をセットしボタンを押せばあとは自動でコーヒーを淹れてくれるものになります。昔はハンドドリップの方が味は美味しいと言われていましたが最近ではもう差がなくなってきていると言われています。コーヒーメーカーも侮れないですね。

サイフォン

インスタ映え確実の一品です。まず見た目がおしゃれです笑。喫茶店で見かけた方や最近では中目黒にできたスターバックス リザーブ® ロースタリーでも見かけることができます。フラスコを下から火で熱し、フラスコ内の気体が膨張しお湯がコーヒーと混ざり合いフィルターを通ってコーヒーが落ちてきます。淹れた時の香りが格別です。たまにコーヒーが焦げてしまうことがあるので注意です。

エスプレッソ

マシンなどの専用の器具で豆に圧力をかけて一気に抽出したコーヒーのことです。語源はイタリア語で「急行」を意味する“Espresso”。深く焙煎した極細挽きの豆を使用することが多く(圧縮するため)、濃厚なコクと強い香りが特徴です。ガツンと濃いのを飲みたい人はオススメですね。

以上いくつかコーヒーの抽出の種類について紹介しましたがまだ他にもたくさんあるので機会があれば紹介していきます。自分好みの抽出方法を探すのも面白いですよね。私は金属フィルターを使って淹れることが多いですよ。



エスプレッソマシーン
サイフォン
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
ポチっとお願いします

にほんブログ村

コメント

  1. […] まずコーヒーを淹れると言っても淹れ方が色々あります。色々な種類の淹れ方の記事は→こちら色々な淹れ方の中から今回は二つを選び紹介したいと思います。 […]

タイトルとURLをコピーしました