コーヒーフィルターの役割、種類(ゴールド、ステンレス、セラミック、ペーパー、ネルなど)の違い

お手軽に家でコーヒーを飲む場合は、粉にお湯を入れて溶かすだけのものか、ペーパーフィルターを使って入れるのが一般的だと思います。今回はそのフィルターにも色々種類があるのでご紹介したいと思います。

フィルターとは、フィルターの役割とは?

コーヒーフィルターの役割は抽出されたコーヒーをろ過して、抽出し終わった殻を取り除く役割があります。コーヒー豆と抽出液を混ぜない役割も担います。コーヒーが濃くならないようにするためです。お茶で言えばずっとお茶っ葉をきゅうすに入れておくと濃くなりますよねこれと同じです。フィルターにも利点と欠点があるのでそれぞれで紹介していきます。

フィルターの種類、何が違うのか

フィルターは大きく分けてペーパーフィルター、ネルフィルター、金属フィルター、セラミックフィルターに分けられます。

  • ペーパーフィルター

一番よく使われているフィルターになります。利点としては簡単ですぐにゴミも捨てられると言うことです。欠点としてはフィルターの匂いが移る事です、特に漂白された真っ白なペーパフィルターで起こります。味はコーヒーオイルが取り除かれてアッサリな味わいになります。

  • ネルフィルター

一番古いフィルターになります。ネルフィルターとは布のフィルターになります。昔からよく使われている抽出方法になります。利点としては味が美味しい!ザ・コーヒーって言う感じです。欠点としてはとにかく時間がかかるのと難しいことです。初めて自分で淹れる時はうまくできないと思います。

  • 金属フィルター

金属フィルターで有名なものはゴールドフィルターとステンレスフィルターがあります。味はペーパーフィルターとネルフィルターの間だと思ってください。凡人の私ではステンレス、ゴールドの違いはそこまでわかりませんが両方とも錆びないのでこの二つの金属が使われています。コーヒーオイルも吸収されずに楽しめるのでコクが出ます。
利点は半永久的に再利用できます。毎回フィルターを買う必要がありません。ただ好きな味は人それぞれなので好みはあります。欠点はゴミ捨てが少し面倒なのと、フィルターを洗わないといけない点です。

  • セラミックフィルター

これは知らない人も多いと思います。私も最近まで知りませんでした。まだセラッミクフィルターでは飲んだことがないので味はわかりませんが、よく書いてあるのは香りがすごい、コーヒー本来の味が楽しめる、苦味軽減などが書いてありました。利点はやっぱり味だと思います。欠点はお手入れが面倒、目詰まりを起こすことがありその場合はお湯に入れて20分間煮沸しないといけないようです。あとは金属と違い落としたら割れてしまう点です。

今回はフィルターについて書いていきましたが、セラミックだけは飲んだことがないので、購入してみるか飲めるお店にいきたいと思います。飲んだ時にはまた記事にしようと思います。

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
ポチっとお願いします

にほんブログ村

コメント

  1. […] りも見た目がかっこいいですよね!ペーパーフィルターと金属フィルターの違いの記事は→こちら簡単に説明すると金属フィルターの方が紙の匂いなどが移らないこととコーヒーオイルを […]

タイトルとURLをコピーしました