バターコーヒーとは?ダイエット効果は?

バターコーヒーはブームを起こすくらい有名になり流行りましたが、現在では普通のものとして定着してきています。今回はバターコーヒーについて簡単にですが紹介したいと思います。

バターコーヒーとは?

バターコーヒーとは、その名の通りバター(オイルなども)を溶かしたコーヒーです。
良質なバターやオイルを使用することで、栄養価が高く満腹感が得られるコーヒーになると、少し前に話題になっていました。TVやネットではダイエットに良い、元気になる、などよく目にします。

バターコーヒーのルーツとは

バターコーヒーのルーツは、チベットのバター茶だと言われています。バター茶はチベットで古くから飲まれています。バター茶は現地では日常から飲まれているもので、黒茶にギー(バターの水分やタンパク質を除いた純粋な乳脂肪)と塩を加え作られます。旅行者などがチベットを訪れるとおもてなしによく勧められます。旅行者らは、チベットは裕福な国とは言えず食材なども豊富にあるわけではないのになぜこんなにもみんな元気なんだろうと疑問が湧き、もしかしたらバター茶が元気の源ではという結論に至ったのです。

バターコーヒーを有名にした立役者は、アメリカ人のデイヴ・アスプリー氏です。デイヴ氏はもともと体重が140kgあり、そのせいもあり体調不良が続いていたようです。色々なダイエット法を試してはリバウンドの繰り返しだったのですが、チベットを訪れたある日、1杯のバター茶をふるまわれ、生き返ったような心地になりこれがバターコーヒー誕生のきっかけになったようです。デイブ氏はバターコーヒーのことを「完全無欠コーヒー」(Bulletproof Coffee)と呼んでいます。

チベットから帰国後色々なバターを試し、どのバターが良いかを検証した結果、グラスフェッドバターが良いとわかったのです。コーヒーにバターを加え以前から体に良いとされていたMCTオイルを追加し飲んだらとても美味しく、脳が復活し、食物の渇望から解放されたと言っています。

バターコーヒーはなぜ痩せる?

バターコーヒーは朝食の代わりとして飲まれることが多いです。なぜダイエット効果があると言われているかというと3点あります。

  • 満腹感がある(無駄な食事をとらなくて済む)

満腹感があるので、朝食に他のものを食べずにカロリーが抑えられます。

  • 腹持ちが良い

腹持ちが良いので無駄な間食を抑えられます。

  • 基礎代謝アップ

カフェインは交感神経を活性化させ基礎代謝をあげて痩せやすい体質にします。

以上バターコーヒーについて簡単にですが説明させていただきました。ダイエット効果も期待できるのも嬉しいですが単純に美味しいので是非試してみてください。

グラスフェッドバター
MCTオイル
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
ポチっとお願いします

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました