ブレンドコーヒーとアメリカンコーヒーの違いは何?カフェラテ、カフェモカ、カフェオレ、カプチーノ何が違う??

このブログを読んでいただいている方は普段からコーヒーを飲まれている方がほとんどだと思います。カフェに行くとメニューにブレンド、アメリカンなどがあり、頼んだこともあると思います。私もブレンドもアメリカンも頼んだことはあります。

アリガーマン
アリガーマン

音の響きがカッコいいので良く分からないのに知った風な感じで”アメリカンで”とかよくたのんでたなぁ〜、まさに凡人の私!笑

ブレンドコーヒーとアメリカンコーヒー

ブレンドコーヒー名前からしてなんか混ぜわせてるのかな?と想像がつく、アメリカン飲んだことあるなら薄いコーヒーのことなのかな?など思うかもしれない。それぞれ簡単にだが説明すると

  • ブレンドコーヒー

まさに先ほど書いた通り、種類の違うコーヒー豆を混ぜて作ったものです。つまりお店によってブレンドする豆や何種類の豆を混ぜるのかなどで味が変わってきます。お店ののコーヒーが美味しいかはブレンドを飲めば分かるとも言われることがるのですが納得ですね。厳選してブレンドしているのか適当に選んで混ぜているのかでは味がかなり変わりそうです。

  • アメリカンコーヒー

味が薄いというのが皆さんの印象ではないでしょうか?名前がアメリカンなのでアメリカのコーヒーと思うかもしれませんが全然違います。名前の由来は色々ありますがこれは日本固有の名前のようです。なので海外でアメリカンコーヒーと言ってもただのアメリカのコーヒー?と勘違いされるので注意しましょう。

ではアメリカンコーヒーとは何かというと浅煎り(中煎りより)りした豆のコーヒーになります。浅煎りのコーヒーだったので味が薄く感じていたんですね。
焙煎に関してはこちらを参照→こちら

カフェラテ、カフェオレ、カプチーノ、カフェモカ違いは何?

こちらもカフェで頼む時何が違うのか分からずに頼んでいることが多いものだとおもいます。名前も似ているので間違えて頼んでしまう人もしばしば。

  • カフェラテ

エスプレッソ抽出したコーヒーにミルクを8割ほど注いで作るドリンク。ミルクの割合が多いですが、エスプレッソで作るため、コーヒーのほろ苦さもほんのり楽しめるのが特徴です。

  • カフェオレ

浅煎りしたコーヒー豆をドリップ抽出して、牛乳と5:5の割合で入れたドリンクです。カフェラテよりも苦味が抑えられています。

  • カプチーノ

エスプレッソ抽出したコーヒーに、蒸気で泡立てたミルクを注いで作ります。飲んだ時に口の周りに泡がついて髭みたいになるやつです。

  • カフェモカ

深煎りしたコーヒー豆をエスプレッソ抽出で作り、温めた牛乳とチョコレートシロップを加えたものになります。デザート感覚の飲み物です。

エスプレッソとはなにか?

散々上の説明でエスプレッソと出てきたので説明します。マシンなどの専用の器具で豆に圧力をかけて一気に抽出したコーヒーのことです。語源はイタリア語で「急行」を意味する“Espresso”。深く焙煎した極細挽きの豆を使用することが多く(圧縮するため)、濃厚なコクと強い香りが特徴です。多めに抽出しようとすると、えぐ味が強くなりすぎるため短時間で少量だけ抽出し、デミタスカップという小さいカップで飲みます。コーヒーの苦味がすきな人にオススメです。お酒でいうとリキュールの原液のようなものになります。

アリガーマン
アリガーマン

これもエスプレッソって名前だけしってて、初めて頼んだ時は何この小さいの!!って思った記憶があるなー

家でエスプレッソマシーンがあったらかっこいいですよね、私もいつかは手に入れてみたいものです。

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
ポチっとお願いします

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました