日本でコーヒー豆って栽培されてるの?

日本国内でコーヒーは栽培されているのかというと、沖縄や小笠原などで栽培されています。コーヒーはコーヒーベルト(赤道付近)一帯で作られており温暖な気候の場所で作られます。沖縄や小笠原はコーヒーベルトからはちょこっとだけ外れています。また台風などもくるので栽培が難しくなっています。

国産コーヒー発祥の地

国内で一番初めにコーヒーを栽培したのは小笠原です。しかし日本に本格的にコーヒーが入ってきたのは1858年、長崎で正式なコーヒー貿易が始まりました。後に1878年、明治政府は小笠原の温暖な気候を利用したコーヒー栽培を日本の地で初めて始める事となります。しかし太平洋戦争が始まり島民は強制疎開させられ島からいなくなってしまいました。そしてコーヒー栽培は中断されました。戦争が終わった後、野生化したコーヒーノキを発見し、そこからまたコーヒー栽培がスタートしました。現在では年間200kg程の収穫量のようです。台風などの影響により供給は安定しないようです。

沖縄のコーヒー

近年沖縄ではコーヒー栽培が盛んになってきています。「沖縄コーヒープロジェクト」なるものが始まりました。

ネスレ日本は、沖縄で初めてとなる大規模なコーヒー豆の栽培を目指す「沖縄コーヒープロジェクト」を産学官連携で、開始する。沖縄県名護市、琉球大学、元サッカー日本代表の高原直泰選手がCEOを務めるスポーツクラブ・沖縄SVと連携し、沖縄県内の耕作放棄地などを活用し、沖縄を拠点とする国産コーヒー豆の栽培を本格的に取り組むことで、同県の1次産業における問題解決を目指す。  

日本食糧新聞

コーヒーの味を決めるのは温暖な気候と温度差が必要になってくるのですが沖縄(小笠原も)は温度変化が少ないので美味しいコーヒーが作れないと言われていました。しかし現在はスペシャリティクラスからイマイチなものまで作られています。全てが美味しくないわけではなく、しっかりと美味しいコーヒー豆も栽培出来ているので今後の展開が楽しみですね。

コーヒーツアー

日本国内で小笠原、沖縄などにコーヒーの収穫、焙煎など出来るコーヒーツアーがあります。

小笠原でのコーヒーツアーは野瀬農園さんが行なっています。時期により体験できるものが違うのでページをご覧ください。→こちら

沖縄で出来るコーヒーツアーは又吉コーヒー園さんです。小笠原の野瀬農園さんは収穫と焙煎の体験は違う時期に行なっていましたが、又吉コーヒー園さんは収穫も焙煎も時期によっては両方体験できるコースがあります。→こちら

焙煎などは自分でやったことはあるのですが、収穫から焙煎までの過程を行なったことはないので是非体験したいですね。チャンスがあればみなさんもどうですか?

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
ポチっとお願いします

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました