水出しコーヒー、コールドブリューとは?

こんにちは、今日は水出しコーヒーについて書いていこうと思います。

水出しコーヒー(コールドブリュー)とは?

水出しコーヒーという言葉は聞いたことがある人もいればいない人もいるはずです、がコールドブリューとなると知っている人はぐっと少なくなるような気がします。上に括弧でも書いてある通り水出しコーヒーとコールドブリューは同じことを指します。

「水出しコーヒー」は「ダッチコーヒー」とも呼ばれています。
水出しコーヒーの器具は麦茶を入れるような簡単な容器から、昔ながらの喫茶店に置いてあるような業務用のものまであり様々です。

コーヒーの粉と水を使って作ります。温めても美味しく頂けますが、加熱により香味が変化することがあります。
通常は氷を入れたグラスに注いで飲まれることが多いです。

水出しコーヒー(コールドブリュー)とアイスコーヒーの違い

見た目からはどちらも判別はつきません。熟練された人ならわかるかもしれませんが凡人の私には見た目でコールドブリューなのかアイスコーヒーなのか皆目検討もつきません。しかしながらこの凡人の舌でも味の違いははっきりとわかります

アイスコーヒーはホットコーヒーと作り方は同じになります。淹れ方は色々ありますが、ドリップして出来たコーヒがホットコーヒでアイスコーヒーはその熱々のコーヒーに氷を入れて冷たくしたものになります。

では本題のコールドブリューですが簡単にいうとお湯は使わずに水を使うということです。水の中にコーヒーを挽いたもの(粉)を入れて数時間放置して抽出する方法です。

最初に味が違うと言ったのですがどう違うかというと、簡単に言えば味がスッキリしています。コーヒーのネチネチドロドロというようなものは全く感じなくなります。

さっぱりとした味わいになる、長時間保存していても酸化にしくく味が落ちない、澄んで美しい色になる、深煎りにした豆が良く合う

ニシナ屋珈琲

水出しコーヒーの作り方

作り方は色々で専用の器具を使ったり、身近なものを使っても作ることが出来ます。簡単な作り方ですが、準備するものは1リットル作る場合

  • コーヒー100g
  • 水1リットル
  • ピッチャー(麦茶などを入れるやつ)
  • 水出し用コーヒーパック(これは普通にスーパーなどで売ってます)
    以上4点になります。

水出し用コーヒパックはお茶のやつでも代用出来ます。

  1. コーヒーパックにコーヒー100gを詰めます。
  2. ピッチャーの中に1で作ったコーヒーパックを入れ水1リットルを入れます。
  3. 放置し2時間以上コーヒーを抽出します。(時間はお好みで4時間くらいがオススメです)
  4. 中のコーヒーパックを取り除き冷蔵庫で冷やします。
  5. 冷えたら出来上がりです、コップに氷を入れて冷やして飲むのが一般的。

とても簡単ですよね、ただ作るのが時間がかかるのでさっと飲みたい時には不向きです。ほんと麦茶感覚でたくさん作っておくのが良いです。というのも普通のコーヒーと違い数日間は飲めるからです。

今回は水出しコーヒー(コールドブリュー)についての記事でした。夏は味がスッキリしたコールドブリューがオススメ!

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
ポチっとお願いします

にほんブログ村

コメント

  1. […] 出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)はお湯を使わずに時間をかけて水でコーヒーを抽出する方法です。水出しコーヒーの記事も書いてあるのでこちらを参照してください→こちら […]

タイトルとURLをコピーしました