美味しいアイスコーヒーの作り方

今年は暑くなるのが例年よりも遅かったですが、いよいよ夏本番ですね。この時期コーヒー飲みたいけどホットはちょっとってなりますよね。ここで日本人の大好きなアイスコーヒーです!アイスコーヒーってよく飲まれている割にはいまいち作り方やどんなものなのか認知されていないので説明したいと思います。

アイスコーヒーは冷たいコーヒーとは違う!

冷たいコーヒーには大きく分けてアイスコーヒー水出しコーヒー(コールドブリュー)があります。アイスコーヒーは普通にドリップしたコーヒーに氷を入れて冷やしたものです。水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)はお湯を使わずに時間をかけて水でコーヒーを抽出する方法です。水出しコーヒーの記事も書いてあるのでこちらを参照してください→こちら

アイスコーヒーの作り方

用意するもの
コーヒーグラス(耐熱のもの)、いつもより3倍の濃さのコーヒー、氷

作り方

  1. 普段の3倍のコーヒーを抽出
  2. コーヒーグラスにグラスの上まで氷を入れる
  3. 2で作ったグラスに1で作ったコーヒーを入れて完成

甘めのアイスコーヒーを飲みたい方は1の熱々のコーヒーを入れた時に砂糖を加えて溶かします。出来上がった後に砂糖を入れると溶けません。もしくはガムシロップを最後に入れてもOKです。

耐熱グラスを使う理由は冷たいところに熱々の物を入れるので普通のグラスだと割れる可能性があります。

注意:普通にコーヒーを淹れ冷蔵庫などで冷やして、アイスコーヒーを作ろうとすると風味、香りが損なわれます。沢山の氷で一気に温度を下げることにより風味、香りを閉じ込め美味しく頂けます。冷蔵庫などではゆっくりと冷やされてしまうのでNGです。

最近ではコンビニエンスストアでも手軽にコーヒーを飲めるようになりましたが、アイスコーヒーとホットコーヒーでボタンが分かれています。これも上で説明したようにアイスコーヒーを入れる場合には濃いコーヒーになっているのです。熱いコーヒーで氷が溶けちょうど良い濃さになってアイスコーヒーが出来上がります。

コンビニのコーヒーは氷とコーヒーの分量が計算されて出来ているので、素人の私たちが作るアイスコーヒーより美味しく感じることもあります。

今回の記事は夏にぴったりのアイスコーヒーについて説明しました。たまに熱々のコーヒーを冷蔵庫などで冷やして飲んでいる人もいるのでもし知っている人がいたら教えてあげましょう!

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
ポチっとお願いします

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました